はがきの知識

 はがきを書く場合文章の長さにも気を使います。こんな工夫をしてみてはいかがでしょう。

文章が少ない場合

 文書が少ない場合は、行間を広めに取ります。また、拝啓などの頭語を1行分取ってみます。そして、終わりに日付を書きます。年賀状などのように、差出人の住所、氏名などを書き文字数を増やします。絵葉書を使ったり、イラストが上手であれば書いてみるのもよいかと思います。

文章が多い場合

 裏面に書ききれない場合は表面の下半分を利用して書きます。小さな字でこまごま書くのは見苦しいものです。また、途中で急に行間をつめるのもおかしいもです。全体のバランスを考えて書きたいものです。