退職のあいさつ

 退職のあいさつは、日付は「○月」だけで「○日」までは書かないのが通例です。ただし、定年退職の場合は、「○月吉日」とすることもあります。

 退職の理由はあまり詳しく書きません。実際にはリストラによる退職であったとしても、挨拶状に正直にそう書くのは好ましくないでしょう。「一身上の都合により」や「円満退職」などとさらりと書きましょう。相手に心配をかけないようにします。

 また、定年退職の場合も中途退社の場合も、あいさつ状には退職後の予定や豊富を書きましょう。不安をあからさまに表さずに、明るい文面を心がけましょう。